日日鵺的(新)

演劇ユニット鵺的主宰、脚本家の高木登がたまに綴る日々

賀正

・あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

・とりあえず今日が仕事始めなんで書いてみた……んだけど、愚痴にしかならなかったので消しました。七月の台本を書きつつ、仕事がらみのあれやこれやをしています。どうなってるかわからないけど準備するしかないという状況のストレスフルなこと。政府の無策は事実だが、ほんとうのところは怒りのやり場がないことがストレスなのだ。この時代に生まれてしまった運。戦争だって自然災害だって疾病だって、とどのつまりは巡り合わせではないか。

・さて、暮れに書いた「希望」とやらを探して参ります。あえて不運と書かなかったのは、それが悪いことばかりでもないともわかっているからさ。次の更新まで、さようなら。

この一年

・すげえ、今年の元旦以来更新してない。放置も良いとこ。

・そんなわけで晦日である。今年一年何をしていたかといえば仕事である。ほぼ仕事の記憶しかない。世界は変わったが、自分の生活は変わらなかった。

・『バロック』を終え、関わっていた芝居は二件中止、アニメは一件放送延期、されど幸いにして仕事は減らなかった。これから先はわからない。とりあえず来年はどうにかなりそうである。

・『バロック』については「テアトロ」七月号に書く機会をいただいたので、よろしければそちらをご覧ください。三月は政府もわれわれも暗中模索の状態、そのなかでやれるかぎりのことはやり、無事公演は終了した。業界内でも感染症対策に関しての知見は深まっており、次はさらに安全な状態でお客様をお迎えできるだろう、だがしかし、だ。ただでさえビジネスにならない演劇が、いっそうビジネスにならない状況で、どこまでつづけられるのか。

・自分は演劇に関しては「はなから赤字」のつもりでやっており、その点をスタッフに叱られたりもしていたのだが、いまやそこが強みである。とはいえ資力にも限界がある。動員も順調に伸びていて、より大きな規模の公演も視野に入ってきたところで、これだ。「この先」がわからなくなった。

・もともと今年は三月以降鵺的の公演を予定していなかったのを幸い、SNSを眺め、芝居や映画に足を運び、配信を見て、やっていいことといけないこと、すべきこととすべきでないこと、どのようなかたちで来年の公演を打つのが最適なのかをただひたすら考えていた。だが、そうして考えたところで、七月の状況がどうなっているかはまったくわからないのだ。「生活は変わらなかった」と書いたが、正確には「外的な生活は変わらなかったが、内的な生活は変わった」。未来を考えることがたのしくなくなった。希望が持てなくなったというより、あらたな「希望の持ち方」がまだつかめない、そんな感じ。

・暗い言葉を並べたが、あらたな生活様式におけるあらたな希望さえつかむことができれば、人も、社会も、演劇もサヴァイヴできると思っている。来年七月の公演は、スタッフ、キャスト、そしてお客様とともにそれを探す機会にしたい。おそらくお願い事がとても多くなると思いますが、なにとぞご協力のほどよろしくお願いいたします。

・年が明けてしばらくしたら、キャストとタイトルだけでも情報公開しようと思っています。どうかご期待ください。良いお年を。

賀正

・あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

・昨日あらかたのことは書いてしまったので『バロック』の告知を。本チラシは現在作成中、年末に撮影をしてきました。公開までいましばらくお待ちください。自分も仕上がりをたのしみにしているところです。

 

目をとじろ

耳をふさげ

秘密はけっして口にするな

あの呪われた場所で

またふたたび怪物をめざめさせないために

 

鵺的第13回公演『バロック

作 高木登(鵺的)

演出 寺十吾(tsumazuki no ishi)

2020年3月7日(土)〜15日(日)

ザ・スズナリ

155-0031

東京都世田谷区北沢1-45-15

03-3469-0511

 

[キャスト]

奥野亮子(鵺的)

川田希

岸田大地

祁答院雄貴(アクトレインクラブ

小西成弥

笹野鈴々音

佐藤誓(アクトレインクラブ

白坂英晃(はらぺこペンギン!)

野花紅葉(モミジノハナ)

春名風花

福永マリカ

谷仲恵輔(JACROW)

吉村公佑(劇団B級遊撃隊/Ammo)

 

[スタッフ]

舞台監督 田中翼・伊藤新

演出助手 中山朋文(theter 045 syndicate)

照明 阿部康子

音響 岩野直人(STAGE OFFICE)

音楽 坂本弘道

舞台美術 袴田長武+鴉屋

宣伝美術 詩森ろば(serialnumber)

宣伝美術衣装・ヘアメイクディレクション るう(ROCCA WORKS)

舞台写真撮影 石澤知絵子

webデザイン 成川知也(MU)

ビデオ撮影 安藤和明(C&Cファクトリー)

制作 鵺的制作部・J-Stage Navi

制作協力 contrail

協力 劇団B級遊撃隊/はらぺこペンギン!/モミジノハナ/Ammo/JACROW/tsumazuki no ishi/アクトレインクラブ/イマジネイション/エナエンターテイメント/スターダスト・プロモーション/プロダクション・エース/有限会社ザズウ/

企画・製作 鵺的

 

 

[タイムテーブル]

3/7(土) 14:30/19:30

3/8(日) 13:30

3/9(月) 14:30/19:30

3/10(火) 19:30

3/11(水) 19:30

3/12(木) 14:30/19:30

3/13(金) 19:30

3/14(土) 13:30/18:30

3/15(日) 13:30

 

[注意事項]

  • 受付開始は開演45分前、開場は開演の30分前です。
  • 未就学児童のご入場はご遠慮ください。
  • 開演時間を過ぎてからのご来場はご指定のお席にご案内出来ない場合がございます。予めご了承下さい。

 

[チケット]

一般発売 2020年1月28日(火)

全席指定

前売 4800円

当日 5000円

U25割引 3800円(3月7日~3月12日迄限定販売・J-Stage Naviでのみ販売)

 

先行発売 1月21日(火)〜27日(月)

4500円(送料無料)

J-Stage NaviのWEBでのみ受付

http://j-stage-i.jp

 

[発売]

ローソンチケット

tel.0570-000-407(10:00~18:00) 

(Lコード:33199)

http://l-tike.com  

 

J-Stage Navi     

03-5912-0840 (平日11:00〜18:00)

 http://j-stage-i.jp

 

[問い合わせ]

J-Stage Navi 03-5912-0840 (平日11:00〜18:00)

 

[公演当日問い合わせ]

ザ・スズナリ 03-3469-0511

 

f:id:nueteki:20190829000114j:plain

 

2019年をふりかえる

・といってもほとんど記憶が遠い。『修羅』から一年も経ってないなんて信じられないし、『悪魔を汚せ【再演】』も『レネゲイズ』もわずか数ヶ月前とはおもえない。あいかわらず一年はあっという間で、されど出来事ごとに時の流れがちがい、かくして記憶は混濁する。のこっているのは「たのしかった」という感覚だけ、今年も幸福に年の瀬を迎えることができた。

・来年は年明けから『虚構推理』と『銀英伝DNT 星乱』のオンエア、三月に『バロック』、四月から『キングダム』三期のオンエア、四月五月は舞台版『デュラララ!!』上演とつづく。芝居は七月にもう一件。『ゴールデンカムイ』の三期もどこかで放送開始予定。まだ言えない案件もある。とにかく全部ひっくるめてご期待ください。

・人に支えられてるなと思う。せめてだれかの支えになりたい。来年もひきつづきよろしくお願いいたします。良いお年を。

後書き二件

・『悪魔を汚せ【再演】』について書いていた文章の発表はやめることにした。あまりにもネガティヴだったからである。三兄妹を観ていて、あれは自分の心の裡だとあらためて思ったのが発端だったが、自分の生い立ちからはじめて、いまに到る人格形成について語ることは、なにかの参考にはなるだろうが、必ずしも作品の理解に必要なことではない。かつ思いのほか作者の発言に引きずられる方は多く、作者としてはできれば「作者」などというものから解放されて、好きに作品をたのしんでいただきたかった。多くの方が本作に熱中してくれた。そこに水を差したくはなかった。

・劇団単独では過去最高動員であり、上演成果も納得のいくものだった。スタッフ、キャスト、そしてお客様にはただ感謝の気持ちしかない。ありがとうございました。けっきょくのところ、言いたいのはそれだけである。

・『レネゲイズ』に関しては、『悪魔を汚せ【再演】』の本番中から稽古がはじまり、その時点では五割ほどしか書き上がっておらず、完本したのは千穐楽の朝であった。再演だからすこしは余裕があるだろうと思ったのがまちがいで、自分のところの公演ともなればなんだかんだで時間を取られ、思うように執筆ができなかった。ご迷惑をおかけしたスタッフ、キャストの皆様にこの場を借りてお詫びいたします。もうしわけありませんでした。にもかかわらず、本作にのめり込んで最高の仕事をしてくださったことに心から感謝いたします。ありがとうございました。

・ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。そして台風によって中止になった二公演にお越しいただく予定だったお客様、お目にかかれず本当に残念です。またいつか拙作をご覧いただく機会が巡ってくることを願っております。

・内容には満足している。現実性と非現実性のバランスがうまくとれた。「人の命を奪う人間よりも、信念を持ってみずから燃えることのできる人間の方が尊いと思います。それができた自分の娘を誇りに思ってください。わたしは母と母の仲間たちを尊敬しています」というさやのセリフが書けた。これが本作のすべてと言っても過言ではない。俗に流れず、されど面白く、投げかける問いの大きな一作にできたのではないかと思っている。

・そんな感じで鵺的十周年の年は暮れた。おかげさまで充実した一年だった。次は来年三月の『バロック』でお目にかかりましょう。今後ともよろしくお願いいたします。

 

f:id:nueteki:20190829000114j:plain