日日鵺的(新)

演劇ユニット鵺的主宰、脚本家の高木登がたまに綴る日々

バロック【再演】

・初演時の当日パンフレットに書いた文章を再掲する。

鶴田法男監督とホラー作品の企画を考えていたとき、「これではホラーにならないよ」とよく言われました。自分の考えた構想では、登場人物があまり怪異を怖がらないのです。怪異におびえる人を見せるのがホラー映画の肝のひとつですから、これは鶴田さんのおっしゃるとおりなのでした。

 

なぜそういう発想になるかというと、自分が怖がりではないからです。神秘的な体験はいくつかしていますが、いずれもどこか滑稽で、恐怖したことはほとんどありません。「人のぬくもりが感じられる霊体験」ばかりなのです。そのせいかどうかわかりませんが、ホラー映画はもっぱら微笑みながら鑑賞するのが常です。

 

本作には幽霊屋敷も亡霊も登場しますが、多くの登場人物がその存在を受け入れており、怪異も禍をもたらすものばかりが起きるわけではありません。したがってこれはホラーではなく、されどジェントル・ゴースト・ストーリーでもない、毎度のことながら、おさめる場所が見当たらないような作品になりました。自分の心霊観、死生観にしたがって書いた、奇妙で苦い物語です。最後までおたのしみいただけますと幸いです。

・思えば世の中はコロナ禍以前であった。正確にはそのとば口にあった。新型コロナウイルス感染症について、世の人びとはまだよくわかっていなかった。同時期に公演していた別団体は会期中も飲み会をやっていた。われわれは会期中は飲み会を禁止したが、最終日の打ち上げは実施した。そうしたことがまだ批難の対象にはならなかった頃だった。一方でスズナリのロビーにポスターが貼ってあった大きな公演のほとんどは次々に中止になった。その後はご存じの通り。

・この文章はどこかのどかである。それは「あえてコロナ禍については触れない」という選択をした結果である。ひねくれ者の意地というか、得体の知れない感染症はとりあえず閉め出し、作品のことだけで世界を閉ざそうと思ったのだった。

・二年が過ぎて気が変わり、本作の改訂作業は作中にこめられた「現在」と「世界」を掘り返す作業であった。ひさびさに読み返すと、日々いま感じているようなことを先取りする台詞があったり、あるいはこの感覚はすでに古いなと思うような表現があったりで、自分と世界の変化のスピードを実感させられた。台詞も変えたしト書きも変えた。ト書きはお客様の目に触れないものだが、よろしければ販売台本をご確認いただければと思う。初演時台本も販売するので、読み比べていただくのも一興だろう。

・自分はひたすら「家族否定」と「恋愛不能」の物語を書いてきた。これから先も書くだろう。だが娯楽作品のフォーマットでそれをやるのは、しばらくお預けになると思う。今回の改訂作業において、世界の総体としての複雑性を描くことと、シンプルなロジックを必要とするエンターテインメントの作法に折り合いをつけることの困難を感じた。そろそろ「次」へ行く頃だなと痛感したのである。奥野亮子さんと駆け抜けた五年間は、同時に福永マリカさんとも駆け抜けた五年間であった。今回の再演は彼女たちと作ってきた作品群のピリオドとなる。大袈裟に聞こえるかもしれないが、自分にとってはひとつの時代の終わりである。この間の拙作を愛してくださった方々にはぜひ見届けていただきたい。ご高覧を乞います。

 

演劇ユニット鵺的第15回公演 バロック【再演】

作  高木登(演劇ユニット鵺的)

演出 寺十吾(tsumazuki no ishi)

2022年6月9日(木)〜19日(日)

ザ・スズナリ

155-0031

東京都世田谷区北沢1-45-15

03-3469-0511

 

[キャスト]

碓井将大

岸田大地

小崎愛美理(フロアトポロジー/演劇ユニット鵺的)

笹野鈴々音

白坂英晃(はらぺこペンギン!)

杉本有美

常川博行

中田顕史郎

野花紅葉(モミジノハナ)

葉山昴

春名風花

福永マリカ

吉村公佑(劇団B級遊撃隊/Ammo)

 

[スタッフ]

舞台監督 田中翼・伊藤新

演出助手 中山朋文(theater 045 syndicate)

稽古場代役 函波窓(ヒノカサの虜)

アクション指導 宗像拓郎(A&Cスタジオ・ユニットことのは)

照明 阿部康子・松田桂一

音響 岩野直人(STAGE OFFICE)

音楽 坂本弘道

舞台美術 袴田長武+鴉屋

宣伝美術(フライヤー・当日パンフレット) 羽尾万里子(Mujina:art)

仮チラシデザイン 今治ゆか

舞台写真撮影 石澤知絵子

ビデオ撮影 木村聡志・浪谷昇平

webデザイン 成川知也(MU)

衣装 上岡紘子

制作 鵺的制作部・J-Stage Navi

稽古場制作 吉水恭子(芝居屋風雷紡)

制作協力 contrail

キャスティング協力 Nana Produce

協力 劇団B級遊撃隊/芝居屋風雷紡/動物自殺倶楽部/はらぺこペンギン!/ヒノカサの虜/フロアトポロジー/モミジノハナ/Ammo/MU/theater 045 syndicate/tsumazuki no ishi/アイエス・フィールド/アクトレインクラブ/イマジネイション/ザズウ/フォセット・コンシェルジュ/フリップアップ/レディバード/ワタナベエンターテインメント/Pita.inc/Spacenoid Company/Mujina:art

企画・製作・主催 演劇ユニット鵺的

芸術文化振興基金助成事業

 

[タイムテーブル]

6/9(木) 19:00

6/10(金)19:00

6/11(土)14:00/19:00

6/12(日)14:00

6/13(月)14:00/19:00

6/14(火)休演日

6/15(水)19:00

6/16(木)14:00/19:00

6/17(金)19:00

6/18(土)14:00/19:00

6/19(日)14:00

 

[上演時間]

2時間(予定)

 

[注意事項]

・受付開始は開演45分前、開場は開演の30分前です。

・未就学児童のご入場はご遠慮ください。

・光の明滅が激しい演出、大音響による演出がございます。あらかじめご承知置きください。

・開演時間を過ぎてからのご来場はご指定のお席にご案内出来ない場合がございます。あらかじめご了承下さい。

新型コロナウイルス感染症拡大等の影響で、公演内容を変更する場合がございます。ご来場直前に公式HP、Twitterを必ずご確認ください。

 

 

[チケット]

一般発売 2022年4月23日(土)A.M.10:00~

全席指定

前売 5500円

当日 5800円

U25割引 4500円(枚数限定・J-Stage Naviでのみ販売)

 

[発売]

ローソンチケット

(Lコード:31879)

https://l-tike.com/search/?keyword=31879

 

J-Stage Navi 03-6672-2421 (平日12:00〜18:00)

http://j-stage-i.jp/nueteki/

 

[問い合わせ]

J-Stage Navi 03-6672-2421 (平日12:00〜18:00)

 

[公演当日問い合わせ]

ザ・スズナリ 03-3469-0511

 

『夜会行』終演(2)

・9月3日で配信公演が終了しました。ご覧いただいた皆様、ありがとうございました。というわけで二度目のご挨拶。

・作品解説的なことはパンフレットをご覧いただくのがいちばん良いと思います。お買い逃しになった方は、観劇三昧で購入可能です。文庫サイズ台本も購入できますので、ぜひ。

Twitterのプロフィールに「脚本家/特殊劇作家」としばらく表記していたのですが、本作の情報解禁をする前くらいに「特殊」の文言を外しました。この作品を書く人間が「特殊」を名乗ってはいけないと思ったからです。特殊であること、特異であること、異端であること、そうしたことを積極的に引き受けるのを厭わずにやってきましたし、それを捨てる気はさらさらありません。ただ本作は特殊からも特異からも異端からも遠く、いっそう普遍にひらかれたものにしないといけないと思っていました。そうあることが、ある種の状況に対するカウンターにもなると思っていました。

・海外(主に米国)の映画やドラマを見ていると、女性問題、人種問題、LGBTQ+の問題、人権を巡る諸問題が直接的、間接的にとりあげられることが多く、それがアップデートされた価値観で構築されていることに気づかされます。これは一過性の表層的な現象ではありません。なぜならいずれも人間の実存に根ざす問題だからです。個人では手の届かない地の底からの大きな変化が起きているのです。

・日本はその点まだまだ遅れていて、すぐれた作品が生み出される一方で、無思慮な作品も目立ちます。無名の脚本家は無力ですから、こちらがいくら思慮を重ねても、他のスタッフと志が共有できていなければおしまいです。そういう意味で、作品をコントロールできる立場にいられる鵺的という場所は、自分にとってとても貴重なものです。『夜会行』も、この場でなければできなかったし、このタイミングでなければやれなかった作品だったと思っています。

・現在、自分の関心は、鵺的でいままで取りあげて来た「性」や「暴力」、あるいは「出生」といった問題を、より更新された価値観で描くことにあります。あらたな「異端」、あらたな「耽美」を探ることにあります。それがどのような物語になるのか、どのような顔を持った作品になるのか、自分でもまったくわかりません。わからないからこそ、やる気になっています。新作をお目にかけるのは少し先になりますが、どうかご期待ください。

・『夜会行』は小さな作品でしたが、自分にとってはとても大きな節目となった一作でした。多くのご感想、本当にありがとうございました。次はソフト化です。詳細は決まり次第告知いたします。今後ともご注目ください。

花咲か爺さん

むかしむかし、あるところに、ひとりのおじいさんが住んでいました。

おじいさんは一匹の黒犬を飼っていました。

それは犬というには大きすぎ、目は金色に光って、愛らしさよりも禍々しさを感じさせる生きものでしたが、おじいさんはとてもかわいがっていました。

 

黒犬にはただならぬ力がありました。

ひと声吠えると、ガラクタが黄金になり、ゴミがお金に、枯れ木には花が咲き、荒れた土地は肥沃になるのでした。

おじいさんは黒犬の力を借りて財をなし、大金持ちになりました。

まわりの土地を大金で買い上げ、仕事のない人には仕事をあたえ、村を豊かにしました。

村はもはや、まるごとおじいさんのものと言っても過言ではありませんでした。

 

おじいさんの隣には、正直じいさんが住んでいました。

正直じいさんは曲がったことのきらいな人でした。

ある日、正直じいさんは、黒犬がガラクタを黄金に変えているところを見てしまいました。

おじいさんの財産がまがいものであることを知った正直じいさんは、なんとかしてそれを村の人びとに伝えようとしました。

けれど人びとは、おじいさんのおかげで良い暮らしをしていたため、だれも正直じいさんに耳を傾けようとしませんでした。

 

正直じいさんはポチという愛らしい柴犬を飼っていました。

ポチは以前から黒犬を嫌い、見かけるたびにうなり声をあげていました。

思えばポチは黒犬の正体を見抜いていたのだと、正直じいさんはいっそうポチをかわいがりました。

けれど、ポチは黒犬にかみ殺されてしまいました。

正直じいさんは、自分が村人におじいさんのことを言いふらしたため、おじいさんが殺させたのだと悟りました。

正直じいさんは大いに悲しみ、ポチの仇を取ることを誓いました。

 

ある日、おじいさんは村の人びとを招いて、宴会をひらきました。

それは豪勢な宴で、おじいさんも村の人びとも、心からたのしんでいました。

そこへ正直じいさんがやってきました。

正直じいさんはあたりに灰を撒き出しました。

それはポチの遺灰でした。

すると、青空はどんよりと澱んだ空に、みどりの園は荒れ地に、桜の木は枯れ木に、屋敷はあばら屋に、人びとの着ている服はぼろに変わりました。

それが村のほんとうのすがたでした。

 

正直じいさんは、おじいさんにだまされてはいけない、見かけではなく、足もとからコツコツと働いて金を稼ぐのがほんとうの豊かさなのだと、その場にいた人びとに訴えました。

おじいさんはたいそう怒りました。

「人の幸せに水を差すとは、なんと意地悪なじいさんだ。八つ裂きにして犬のエサにしてしまえ」

正直じいさんはとらえられ、その言葉どおり八つ裂きにされ、黒犬のエサになりました。

 

人は貧しく誠実であるよりも、多少不正はあっても豊かであることを望むものです。

正直じいさんに同情する者はありませんでした。

 

満腹になった黒犬は、たのしげに吠えながら荒野を駆けました。

すると村は豊かな土地に変わり、人びとに笑顔がもどりました。

枯れ木にも花が咲きました。

この豊かさは、二度と失われることはありませんでした。

 

おじいさんの家は子々孫々まで栄え、やがては財閥と呼ばれるまでになりました。

そして、国が豊かになることに、大いに貢献しました。

田舎のネズミと都会のネズミ

むかしむかし、ある田舎に、一匹のネズミが住んでいました。

ネズミは土に落ちた大麦や、芋のつるを食べて、つましく暮らしていました。

 

ある日、都会に住むネズミがやって来て言いました。

「そんな食事はもうやめて、いっしょに都会へ来ないか。美味しくて栄養のあるものが山ほど食べられるぞ」

 

田舎のネズミは都会のネズミに連れられて、町へやって来ました。

たしかに見たことのない美味しい食べ物はたくさんありましたが、人につかまりそうになるわ、猫におそわれそうになるわ、車にひかれそうになるわで、まったく生きた心地がしませんでした。

「ここにいたら命がいくつあっても足りない。やはりぼくは田舎へ帰るよ」

田舎のネズミはそう言って地元へもどりましたが、農家の害獣駆除に遭って亡くなりました。

 

このおはなしは、命の危険という点において、田舎も都会もそう大きなちがいはないのだということを、われわれに教えてくれます。

すっぱいブドウ

むかしむかし、あるところに、一匹のキツネが住んでいました。

ある日、キツネは農夫がブドウを収穫しようとしているところに出くわしました。

キツネはブドウについての知恵があったので、そのブドウがまだ収穫する時期にはないことがわかりました。

農夫にそのことを伝えると、彼はとたんに不機嫌になりました。

農夫は若く、未熟者で、キツネからブドウについて教えられることに我慢がならなかったのです。

 

農夫はブドウを指さすキツネを撮影し、その画像とともに以下のつぶやきをTwitterに投稿しました。

 

「近所のキツネwww

 ブドウがまだ熟れてないとか言ってきたwww

 手がとどかないのが面白くなくて言ってるのがミエミエwwwww

 嫉妬wwwwwwwww」

 

ツイートはたちまち拡散され、キツネのもとには誹謗中傷と罵詈雑言が殺到しました。

 

気をよくした農夫はオフ会をひらき、収穫したブドウを参加者にふるまいました。

ブドウはすっぱくて、食べられたものではありませんでした。

誰もがキツネが正しかったのだと悟りましたが、人びとは自分の非を認めたくなくて、「あまい」「おいしい」「こんなにうまいブドウは食べたことがない」と白々しくつぶやくか、気まずげに沈黙するしかありませんでした。

 

そんななかにも、心ある人たちはいました。

かれらはブドウがすっぱくて食べるに値しなかったこと、キツネが正しく、農夫がまちがっていたことを投稿し、それにつづく人が次々にあらわれました。

専門家は農夫の投稿した画像を分析し、ブドウが収穫する時期になかったことを証明してくれました。

 

キツネの名誉は、おおよそ回復されました。

あくまでもまちがいを認めない人や、ろくに事情を知らない人から、その後もひどいリプライがくることがありましたが、逆に彼らが「情弱」と笑いものになるだけでした。

 

農夫は自分を糾弾してくるアカウントをことごとくブロックして対抗しましたが、やがて鍵アカになり、ついにはアカウントを削除して逃亡してしまいました。